ピラティス始め

最初に買ったピラティスの本は、 福井千里さんの「4週間プログラム ピラティス」 これは後に知った事だけれど、 ピラティスはもともとリハビリとして作られたものだそうです。 そう、膝に爆弾を抱える身には、ナイスな選択♪ が、いざDVDを見ながらレッスンを始めて10分、 自分にかなり致命的な欠点がある事を思い出した(^_^;) 何を隠そう、私はめちゃくちゃ体が硬いのである! 立て膝状態で仰向けに寝て、片足をまっすぐ上に伸ばす。 


 ただこれだけの運動ができない(>_<) どうしても膝が曲がってしまうのだ。 まっすぐ伸ばそうとすると、腰が床から浮いてしまう(T_T) 前屈も、DVDの中の福井千里さんとは角度がまったく異なる。 でも、体の硬さはいきなり変えようもない。 できる範囲で取り組んでいくしかないよなぁ。 体の硬さを除けば、第1週目のプログラムは意外と難なくこなせた。


 鼻で吸って口で吐く・・・ピラティスの呼吸法に一番神経を遣ったけど。 第1週目のプログラムは8分位。 意気込みだけは充分な私には物足りない。 そこで、同じプログラムを2~3度繰り返し、 尚且つ余裕のある時は他のプログラムも試してみる事に♪ 


特に、お腹周りと二の腕に効きそうなプログラムを優先してね(^_^;) ピラティスを始めて約1週間、第1週目と第2週目のプログラムはこなせるようになった。 第3週目のプログラムへ突入~! 「え?マジ?マジこれ~???」 いきなり、体重を腕1本と足先だけで支えるプログラムが出現! 


・・・・・・まったくできない(-_-;) 仰向けに寝て片足を天井に向け、そこから円を描くように大きく回すプログラム。 ・・・・・・足がつった(>_<) なんじゃこりゃ~!? なまった体にとっては、いきなりのレベルアップなのである! 途方に暮れながら、第4週目のプログラムも試してみる。 ほとんどまともにできん・・・・・・。 8日目にして、私にとってのピラティスはいばらの道と化したのだった。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。